ギネスチック世界記録はギネスチック認定委員会会長を中心とする5人のメンバーで構成されている。
彼らは常に、ポロシャツと蝶ネクタイを総武して街中に入りこみギネスブックには載りはしないような細かく、マニアックで不確かなネタを集めたギネス(チック)な記録を集めている集団である。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT |
CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
最も雷に打たれた人 00:36
 

雷に当たる確立 1/10,000,000

そんな計算を覆すような人がいました!

彼の名はロイ・サリバン(Roy Sullivan)、望まずして人間避雷針(Human Lightning Rod)の異名をとってしまった悲運の男。

 ヴァージニア州にあるシェナンドー国立公園の監視員として働いていたそうです。



なんと!!


彼は36年間の勤務中に7回も雷が直撃をうけたそうです。


ギネスチック委員が調べたところ2回目〜7回目の6発は、18年間の間に直撃されていたそうです。となると・・3年に1度のペースで6回の落雷にさらされていることになります。


ぜったい痛かったでしょうね。




うわさでは、7回の落雷でも死ななかった超人的な体だったのに1983年失恋の苦に亡くなったそうです。

上の写真ででている落雷で焦げた帽子は、ギネスブック展示場に飾られており6500ドルで売られているそうです。

かぶったら雷に当たるかもしれませんね。

おわり。

元ネタ:
いろんな確率
     7回も雷に打たれた男

ギネスチック世界記録2008公式HP:http://www.guinesstic.com/
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ギネスチック認定委員会
スポンサーサイト 00:36
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://guinesstic.jugem.jp/trackback/37
<< NEW | TOP | OLD>>